先輩社員の声:山本 春菜

総務部:山本 春菜

コミュニケーションがとりやすい風通しの良い環境が
居心地良く、結婚してもずっと働き続けたい。

総務部:山本 春菜

父が建築関係の仕事をしていたことや、短期大学の総合学科に通い、幅広い学びを経て事務職に就きたいと思ったこともあり、近畿総合装飾の総務部の仕事に興味を持ちました。また、社長や現在の上司との入社面接では、仕事の現場を拝見させて欲しいとお願いしたところ、快く見学させていただき、とてもアットホームな雰囲気だったため、「ここで働きたい」と強く思い入社することになりました。

総務部:山本 春菜

実際の仕事は、営業アシスタント全般をはじめ、資材の発注や伝票処理、メーカーや得意先などとの電話応対や端末機へのデータ入力などを行っています。入社当時は専門用語が全くわからなかったり、電話にも緊張していましたが、入社してすぐの6月には新人研修があり、基本的なビジネスマナーを学べたのも良かったです。そして、入社から約1年近く経ち、当初は総務部の上司を通じて仕事をしていましたが、今では営業さんから直接依頼が来るようになって頼られていると感じたり、「○○してくれてありがとう」などと言ってもらえると嬉しいと感じますね。

会社の雰囲気は思った通りで、風通しが良く、皆さんとコミュニケーションが取りやすいため、わからないことも聞きやすいのが有難いです。入社して早々に会社を退職したという学生時代の同級生がいるのですが、その理由を聞くと「会社の雰囲気が合わなかった」と言っていたので、やはり社風は大切だと実感しています。

今後は、上司や先輩のようにハキハキとした対応ができるようになること、また、営業さんや現場のことをよく知っている人になるのが目標です。実際の工事現場には行かなくても、各営業さんの取引先がどこであるか、現場での進捗状況はどうなっているかなどを私が常に把握することで、もっと仕事の効率が上がり、営業さんや全体の業務もスムーズに流れると考えています。これからも、この会社で成長しながら、もし結婚することがあっても長く勤め続けたいと願っています。

総務部のお仕事とは・・・

主に営業さんのサポートや、お客さまとの電話対応をしています。建築関係の専門用語やお客さまのお名前、金額や素材の型番など覚えることがたくさんありますが、営業さんと一緒にひとつひとつの現場を陰で支える縁の下の力持ちとしてお仕事をしています。営業さんたちとのこまめなコミュニケーションが必要になるため、しっかりと進捗などを把握していおくことが重要となります。また、毎月の売上などの計算業務もあります。ほとんどが社内でパソコンに向かって作業することが多いお仕事です。

キンソウで働く先輩たちの声

営業部:北川 智弘

営業部:北川 智弘KITAGAWA TOMOHIRO

営業部:姫廻 直幸

営業部:姫廻 直幸HIMEGURI NAOYUKI

総務部:山本 春菜

総務部:山本 春菜YAMAMOTO HARUNA

ページの先頭に戻る